効果的な筋肉の付け方

最近なんだか肉がたるんできた。体が細いので筋肉をつけたい。多くの人は筋肉をつけたい!と思ったら思い浮かべるのが筋トレですよね。

 

しかし、筋トレの秘訣は続けること…分かっていてもなかなか続かない人も多いのではないでしょうか。

 

続けるコツはまずは時間を決めることです。

 

たとえば朝なら起きてからの目覚まし運動に、お風呂の前にいい汗をかいて、などです。習慣として根付いてきたら自然と筋トレをできますし、時間に気を使う必要がなくて困りません。

 

筋トレをするのにも適した時間というものがあるので、タイミングというのはなかなか重要です。たとえば朝なら筋トレをすることにより脳が活性化するので目を覚ますのによかったり、一日の代謝がよくなるためダイエット効果にも繋がります。

 

デメリットとしては寝起きの運動は筋肉が固まっていたり、血圧が下がっているときに運動をすると血圧が急上昇し体に負担がかかるので、ストレッチや軽い運動を追加したほうがいいということです。

 

その点からすると夕方以降の筋トレはすでに筋肉も大分ほぐれ、体温も安定しているので筋トレとしては最適です。ただ、この場合のデメリットは、時間が遅いと交感神経が刺激されてしまうので寝つきが悪くなる可能性があります。なので寝る時間が近いときはできるだけ避けたほうがいいです。

 

なので、朝がいいか夕方がいいかということはその人の都合がいいタイミングで正しくしましょう。

 

また、食事のタイミングで筋トレは効果が変わります。

 

食事前の筋トレは脂肪燃焼の効果があります。有酸素運動にあたるウォーキングなどはこちらがとても効果があります。この場合、食事は筋肉を治す為のものになりますので、どちらかというとダイエット効果のが強いです。

 

食事後の筋トレは筋肉が動くためのエネルギー補給となるので、ガッツリと筋肉をつけたい人にとても効果があります。筋肉をつけるということは、肉体の限界まで回数をこなすことが重要ですので、それだけエネルギーがあるときにしたほうが効果があるということです。

 

一口に筋トレといってもタイミング次第ではメリットが変わります。

 

自分が長く続けられることがベストですので、まずは都合のいい時間を見つけて習慣にしていきましょう!