シックスパッドとスレンダートーンを比較

 

日々の筋トレやダイエットを手助けしてくれる家庭用EMS機器として代表的な商品にシックスパッドやスレンダートーンがあります。使うならばより効果的な方を使いたいという事で、今回はこの二つの商品を比較してみることにします。

 

まずはシックスパッドです。サッカー選手のCMでもご覧になった方もいると思います。筋肉にフィットしたような形とオレンジの線が特徴的なかっこいいフォルムの機器です。

 

EMS機器は、筋肉に電気刺激を与える事でトレーニングと同じ負荷を与え鍛えるという仕組みです。従来はこの電気刺激の回数が多すぎて望む効果が得られなかったのですがシックスパッドでは筋肉を効率的に鍛えられるように電気刺激の回数が少ない周波を出せるようになっています。

 

これはシックスパッド独自の技術です。トレーニングは1日1回23分のプログラムで強さは15段階選ぶことができます。

 

また、薄くて体に密着する形状、しかもコードレスですので服の上からでも目立たずいつでもどこでもトレーニングができるという点も魅力的ですね。

 

値段は基本的な腹筋用のシックスパッドアブズフィットが23800円です。サポートベルトや使用時に体につけるジェルシート、持ち運び用のケース、電池など8点がついての値段です。更にウエスト・腕・脚用とセットにする事でお得になる場合もあります。

 

次にスレンダートーンです。シックスパッドとは違いお腹に巻きつけるベルトタイプの機器です。

 

これは腹筋だけでなく、ベルトで撒いている周囲の筋肉も広範囲に引き締める「C.S.Iテクノロジー」という技術が使われているのでベルトタイプになっています。トレーニングプログラムは10種類あり強度は150段階選べるのでかなり細かく選択できます。

 

ベルトには少し厚みがあり、コントローラーもついていますので持ち運びにはあまり適していません。値段は腹筋用のアブベルト&コントローラーが19800円です。

 

こちらは使用時に体に付けるパッドや収納用のポーチ、充電セットなど6点がついての値段です。ウエスト用やヒップ用のベルトと合わせたセット販売などは行っていないようです。

 

値段だけで比較しますとスレンダートーンの方が安く感じますが、持ち運びやすさやトレーニングの効果についてみてみるとシックスパッドの方に軍配が上がるようにも思います。