シックスパッドの効果的な使い方

 

シックスパッドを使用して部分的に筋肉を鍛えて引き締めたい場合、出来るだけシックスパッドの使用と有酸素運動をセットで行うことが最もシックスパッドの効果を上げることができる効率的な使い方となります。

 

通常シックスパッドを使用する場合には、他の運動を行わずシックスパッドだけを使用するケースが多いわけですが、もちろんそれでもシックスパッドの効果はあります。

 

シックスパッドは装着しているだけでも擬似的に電気信号を送り筋肉を収縮させることが可能なため、家でテレビを見ている際などに装着しているだけでも一定の筋肉引き締め効果は期待できます。しかしその場合には脂肪燃焼効果は運動をしていないためありませんから、あくまでも筋肉を鍛えて引き締める効果しか得られないことになります。

 

その為有酸素運動のような脂肪燃焼効果の高い運動の際にシックスパッドを装着して運動を行うと、有酸素運動による脂肪燃焼効果に加えシックスパッドの部分的な筋肉引き締め効果もプラスされるため、脂肪が落ちながら筋肉は引き締まるという状態になるため理想的な部分痩せが可能になります。

 

シックスパッドの場合腹筋だけでなく二の腕や太ももにも使用できますので、ウォーキングのようなスローペースで行える有酸素運動時にシックスパッドを併用すれば、体への負担が限りなく少ない状態なのに、シックスパッドと湯酸素運動による筋肉引き締めとダイエット効果の両方を得ることが可能になります。

 

逆に激しい運動を行う場合にはシックスパッドの利用はあまり意味を成しませんので、激しい運動の場合は最後の筋肉の追い込み時にシックスパッドを使用して筋肉を引き締めるようにすると効果的にシックスパッドを使用することが出来るでしょう。

 

ただこの場合には激しい運動ですでに筋肉が疲弊しておりシックスパッドの効果がそれほど期待できない場合もあるので、出来るだけスローペースで行える有酸素運動でシックスパッドを使用するほうが効率よく筋肉を引き締めることが出来るでしょう。