シックスパッドの電池について

シックスパッド,電池

シックスパッドはボタン電池を使用します。CR2032というリチウム電池を1個必要とします。大体この1個の電池で、25回以上、大体毎日使用すれば、1ヶ月程度使用できるのですね。そして電池のパワーが少なくなって来たら、今度は電気刺激のパワーも少なくなるので、すぐにわかるでしょう。

 

シックスパッド,電池

 

電池を入れる場所がどこにあるかというと、シックスパッドを装着する部分の一番下側にあります。シックスパッドの裏側はジェルシートがある腹部にくっつくようになっていますが、その一番した部分のグレーになっているところが電池を入れるところです。

 

シックスパッド,電池

 

そして電池のかカバーを外すのは、少しコツがいります。ドライバーなどでねじでカバーが固定されているわけではありません。そのためにまず専用のカバーオープナーを準備してカバーの溝に合わせて電池カバーを押しながらひねります。カバーがあいたら電池をセットします。

 

電池がセットできたら、今度は電源ボタンを押してオンとオフが出来るのですね。通常電池がしっかりあれば恩をした時にピーっという音がして作動しはじめます。しかし、電池が反対だったりすると反応はないので、入れ替えてみましょうね。

 

また電池が少なくなると、ピーとなるのではなく、ピピピピとか別の音が出るようです。そのためにもしも別の音がし始めたら、使用期間や使用回数も考えて電池を交換する時が来たのかもしれないと考えるべきなのですね。

 

シックスパッドを使用するときはレベルがありますが、やはり強いレベルをいつも使用していると電池の寿命は早くなくなります。また使用時間が長いと電池も早くなくなります。

 

電池は消耗品であるために毎日欠かさず使用するためには、いつもなくなったら交換できるように準備をしておかなくてはいけないですね。Amazonでまとめて電池を購入しておくとコスパが良いでしょう。

 

また電池がなくなってきたら、レベルの強さが強くても効果的な周波は出ていないので、あまり電気刺激がこないと思うかもしれません。その時にも交換するとまた元の強さを実感することが出来るでしょう。